HuMAN Affctive Computingとは
実験等で収集した生体データを分析可能な形(感性データ)に変換する機能を実装したデータ変換プラットフォームと実験やデータ分析等で蓄積した生体データから官能評価を行うために必要な前処理機能を実装したデータ分析プラットフォームをシームレスに連携し、お客様の事業創発(既存事業の改善や新規事業の実現等)をご支援する機能を実装した統合プラットフォームになります。

お客様の事業構想の実現のためのHuMAN Affective Computing

お客様の事業構想の検証と弊社提供サービスとの関係分野向け機能

データ変換プラットフォーム(HuMAN Affective AI)
■特徴
企業や大学の実験等で収集した生体データ(RAW)を弊社クラウドサービスにアップロードすることで、分析可能な形(感性データ)に変換し、各個人の生体情報(ベースライン)を学習しパーソナルAI機能をご提供します。尚、当プラットフォームは弊社が独自開発した感情(状態も含む)や病気予兆(未病)向けのアルゴリズムである旧リトルAIの機能をベースに開発しています。
機能
共通機能

・リアルタイムで感性の可視化
ヘルスケア/メンタルヘルス(デジタルヘルスケア含む)分野向け
・ネガティブ感情(負の状態)の予兆をお知らせする
・病気の予兆検知(アラート機能含む)
・パーソナルAI機能(個人の生体ベースラインを学習し個人向け感性検知ができます)

エンタメ(eスポーツ含む)・知行動・教育分野向け
・タイプ(脳波から各個人の特性・性格)判定
・右脳・左脳判定
・パーソナルAI機能
 (個人の生体ベースラインを学習し個人向け感性検知ができます)
・ランキング機能(eスポーツのみ)
・プレイスタイルフィードバック機能(eスポーツのみ)

想定しているお客様像
事業構想をご検討されている方

データ分析プラットフォーム(HuMAN Affective Analyser)
■特徴
企業や大学の実験やデータ分析等で弊社クラウドサービスで蓄積した生体データ(感性データ)から、官能評価を行うために必要な前処理をする機能をご提供します。
HuMAN Affective AIと連携することで、お客様のビジネスに合わせた製品・サービス開発からビジネス実現までをご支援します。
また、他社の分析ツールとの連携機能も実装しています。
機能
生体データの分析に対応した前処理機能とユーザーインターフェイス

・実験を想定した策定データの前処理機能と容易に設定可能なユーザーインターフェイスもご提供します。

・生体データを感性パラメータに変換(別途契約が必要)することにより、容易に分析することができます。(前処理機能)感性パラメータ変換、時間・マーカ-位置によるデータ分割、データのスムージング処理、データのダウンサンプリング、処理対象の有効/無効化
各種TAG情報を使った分析
・実験毎にTAG情報を設定することにより、色々な条件での分析ができます。
・TAG情報は実験時に測定アプリで設定することができますが、実験後に設定し直すこともできます。
容易なデータの視覚化
・データ分析をするためにグラフ表示を行うことができます。
・表示したグラフを拡大することや指定したポイントの数値を表示することができます。
(簡易分析ツールによる分析機能)要約統計量、t検定

(簡易分析ツールによるグラフ表示機能)時間グラフ、ヒストグラム、BOXチャート
処理結果のダウンロード
・他のツールでのグラフ化を行うために、分析結果(統計値)をダウンロードすることができます。
想定しているお客様像

・統計学の基礎知識があり、ビジネスにおいて統計分析ツールのご経験のある製品・サービス開発部門の方

HuMAN Affective Analyser サンプルイメージ

サービスメニュー
ご選択のプランにより、ご提供するサービス内容が異なります

HuMAN Affective Computingの詳細につきましてはお気軽にお問合せください