感性を豊かにして脳(人・社会)を若返らせましょう

感性プラットフォーム

感性プラットフォーム図

感性プラットフォームとは、脳波測定アプリケーションだけでなく各種生体センサーからのデータを元に感性(感情)に変換し、その結果を色々なサービスで利用できるようにした、クラウド上に構築されたプラットフォームです。

感性アルゴリズム

脳波や心拍等の生体センサーからの情報や、測定時の状況から、その時々の感性を評価するための方法(アルゴリズム)です。感性プラットフォームでは、一般的な脳波帯(α波やβ波等)のレベルやその変化、心拍情報(心拍変動等)から感性を推測します。これらのアルゴリズムは、測定時の状況や年齢、時間などのパターンにより、判定基準が異なります。それぞれのパターンにおいて最適なアルゴリズムを提供いたします。

分析/判定

生体センサーからの直接のデータや感性アルゴリズムで求められた結果から、感性を分析/判定いたします。より細かい感性評価・判定や変化、例えばマッサージ施術中の感性の変化から施術への感情の変化を分析することが出来ます。

これらの分析/評価を行うためのツールが感性プラットフォームに用意されています。また、通信コネクター(API)を通して、外部サービスでの分析も可能です。

データ管理・抽出

生体センサーからのデータやアルゴリズムによって求められた感性データを、色々な条件で検索し、結果を表示したり外部サービスでの分析に回すことが出来ます。

通信コネクター(API)

感性プラットフォームのデータや処理は、通信コネクター(API)を通して、外部アプリケーションよりアクセス(アップロード/ダウンロード)することができます。

データ収集クライアント

感性シリーズで提供するアプリケーションや、カスタマイズされたアプリケーションを用いて、生体センサーで取得されたデータや、その状況を感性プラットフォームにアップロードします。